日記

日記です

20210510

 分報書くのにも慣れてきて、午後はわりとひどい感じだった。というか一日9時間近くは無理だって。真面目な人でもこんなもんでしょって思って普通に昼寝とかしてる。リモートワークだかんね。

 しかしずらずらと並べられる契約だのなんだのって、人間社会狂ってんなーと思うことはある。農耕や狩猟こそ本来の姿、とまでは言わないけどさ、そんな細かいこと拘ったってしょうもないでしょみたいな気持ちにはなる。そういう意味でファイト・クラブ的な精神っていうのもわかるところはあるな。

 来週からちゃんと仕事が始まるらしい。暇なので早く始まってほしいなー。

Apex

 シーズン9に入ってトリテがケアパケに行ってしまい、持つ武器に悩んでいたんだけど、今日答えが出た感じがある。フラットライン&EVA-8だ!

その他

 目眩感、ひょっとしたら視力の低下が原因なのかもしれない。約1年前、起きてられないくらい目眩が酷かったときも視力の低下を感じてて、ちょっと良くなった隙にフラフラ歩いて新しい眼鏡を作りに行ったんだった。それですぐ良くなったのかどうかは記憶にないけど、悪くなったわけではなかったはず。今もまたちょっと視力落ちたなって自覚が出てきたところで、ペース早すぎて嫌だな。気を遣うべきなんだろうな、って、そういうのが嫌で根本的に生きていくのが嫌になってしまう。

20210509

お金

 お金がいくらあれば大丈夫なのかしらんというのは重要な話で、今までなんとなく金額をごまかしながら書いていたけど別にそうする必要もないかなとは思い始めてきた。

 今のところ一ヶ月にかかる金額は12万円くらいか。内訳は

  • 家賃6万
  • 食費3万
  • 光熱費・ネット回線代1.5万
  • 娯楽費1万
  • 日用品など0.5万

という感じ。

 家賃は、頑張ればもっと低いところを探せるのかもしれないけど、東京にある程度の時間でいける地域ではこれくらいが現実的なラインなんじゃないか。

 食費は、一人暮らしにしては高めではあるんだろうな。Base Breadを2週間に1回1万円分買っていて、それが48袋なんだけど、一食に3袋とか食べることもあるので結構すごい勢いで無くなってしまう。なので足りない分をスーパーとかで買って、合計するとこれくらい。

 光熱費等も節約を考えてないので結構してしまう。ここ1,2年の平均を取ってみたところ、電気代4649円、水道代1774円、ガス代3015円、回線4180円。回線ももっと安いのを探せば絶対あるんだろうけどね。

 娯楽費は、今月は1万も使ってないかな。本とか漫画をケチるとそんなにいかない気がする。

 ここまで過去の支出をまとめてみて、結局節約とかくだらないので収入を増やすのが一番良いなと思いました。

アニメ

 ゴジラS.P 5話を観た。どんどん世界がめちゃくちゃになっているようで楽しくなってきた。怪獣もいろいろ出てきて愉快。一方で主人公? の怪獣に対する無謀さがよくわからない。普通に死ぬでしょって動きなんだけど。

読書

 ほとんど予備知識のない状態(伊藤計劃が映画版を好んでいたっぽいくらいのことだけを知った状態)で読んでみたところ、すごい小説だった。バイオレンスで狂気的で、だからこそ生み出される勢いがあるような作品。

 しかしなぁ。巻末の解説で触れられていたように、この小説から教訓的なものを読み取ろうという気にはなれない。確かに言及されていたシーンには感じるところもないわけではないが、しかしそれをそのまま受け取るのは、なんというか根本的にズレている気がする。そういうところに感化されて目指した結果が、この小説で闘う相手なのではないか。

 俯瞰で見るな。解説するな。客観的に眺めるな。そういうものに対して中指突き立てたくなる感覚というのは僕にもあるのだ。

その他

 日曜日に日付をまたぐコンテストがあるのは厳しいな。僕にも仕事があるからさ……。この日記は開始前に書いてるんだけど、1時間くらい参加して寝るかなー。

20210508

 ぼーっとしていた一日だった。

現時点でやや離れているコンテンツ

 理由を書いておかないと後で「なんで止めたんだっけ?」というのを忘れてしまうので。

プロセカ

 毎日触っていたんだけど、忙しかった4月30日に一回も起動できず、そこで急に萎えて一切起動しなくなってしまった。

 まぁそれまでにもやや飽きが来ているのは感じていて、結局シナリオがそこまで好きになれなかったのが大きいと思う。手付きが好きになれないと物語の筋が好きでも厳しくなってしまう。

 ネクストネストをフルコンできなかったのは心残りだが、心残りがあるくらいが丁度よいとも感じる。

シャニマス

 ウマ娘をやりたくならない理由について考えていた結果、その理由がシャニマスにも当てはまってしまうよなーというのを感じるようになってきて離れ気味。競争主義、それを女体でやること、ファンが多いゆえの面倒さ、など。

 3周年記念とかで声優ライブの情報が多少目に入ってしまうのも嫌な点ではある。現実への依存性という観点から見ればまた同じ話なのかもしれない。

 別に明確に今後一切触らないと決めているわけではない。ノクチルのGRADも気にならないわけではないので、いずれ気が向いたらやるのかも。

VTuber

 2ヶ月前くらいは「にじさんじの男性陣 + 月ノ美兎」あたりを中心に見ていたんだけど、商業主義的な雰囲気がちょっと鼻につく感じがして遠ざかっている。、2月終わりごろだったかな、にじさんじのフェスかなんかがあってそれがやや印象悪かった。一番あれだったのが大喜利をやってるやつで、突発的なノリで始まったものが公的な場に載せられるとなんか違うなと思ってしまう。

 あとやっぱり卯月コウが頑張っているのがやや受け入れ難いという面はあるな。悪いことではないんだろうけど、僕はついていけなかった。

 ApexのCRカップが開催頻度高すぎていいやーってなってしまったのもある。でもApexの新シーズン情報はちょっと知りたいのでYouTube自体はまたちょっと見始めるかも。選手権の中継がYouTubeであったので、それでドメインブロックを解除した結果またYouTube依存が始まってしまう……。

アニメ

 ゴジラS.P 4話を観た。だいたいどういう話をやりたいのかっていうのが朧げながら見えてきた感じかな。にしてもSF的芯の部分を出すのが4話って、結構勿体つけたなという印象ではある。2,3話のラドンとのやりあいが無駄に長いと現時点では思えるけど、ここからどれくらい効いていくるのかな?


 スーパーカブの1話も観てみたけど、冒頭ちょっとしてからのモノローグでテンション下がってしまって断念。自分でも理由はよくわからない。声の好みが結構あるから映像コンテンツが苦手なのかもしれない。

その他

 少なくとも1ヶ月くらいはコンピュータ将棋のことを考えないようにしようと思っているけど、ふと「やっぱり計算資源(GPU付きパソコン)欲しいなー」と思ってしまう瞬間はある。コンピュータ将棋以外でもGPUを使うことはあるかもしれないし、そういう意味では買っても良い気はするんだけど、ではどういう構成にするかっていうのでまた悩んでしまうので全然踏み切れない。まぁ早くとも給料出てからでしょうか。

20210507

 流石に虚無感が強かったのでお願いして社のSlackに自分のtimesチャンネルを作ってもらった。いわゆる分報というやつ。メリットデメリットそれぞれあるだろうけど、現状では合ったほうが良いと思うし、独り言書きながらやっていくのは結構好きなスタイルだ。反応を期待しないメモ書きには慣れている。

 人目が生じたので昨日よりは多少マシだったか。それでもまだまだ、という気はするんだけど。


 仕事を本当にお金を稼ぐ手段と割り切れればそれで良いのだろうけど、僕は精神が弱いのでそういうことができる気がしない。やりたくないことへ多くの時間を注ぎ込むなんて嫌だ。だから嘘でも仕事を好きになるしかないんだよね。嘘でも。

体調

 咳はわりと出続けている。夜はちょっと寝苦しいくらい。毎朝体温は測っているが、熱はさっぱりない。まぁ伝染病の疑いが濃いんじゃないかなーとは思いつつ、面倒なので検査を受ける気もしない。もとから2週間くらい人には会わないだろうし、散歩も止めておくくらいで良いんじゃないの。2週間ごとに注文しているBase Breadもまだ十分量残っているしな。

その他

 陳腐な話だが、自分が30歳になるところは全く想像できていなかったのに、きっとこの感じだとなってしまうんだろうな。その先はまだ「想像できていない」の範疇だけど、それもいずれ「いずれなってしまう」の領域へやってきて、そしていつか本当になってしまうのだろうか。突然消滅とか、しないの?

20210506

 労働1日目。といってもリモートワークだしまだ向こうの準備ができてなくて何もやることがなく、自主学習。いつもと何も変わらね〜。やる気もなにもあったもんじゃないし、学生時代の捗っていた休日よりダメな感じですごしてしまった。こんなんでお金もらうのか?

 まぁもう少ししたらちゃんと始まるはずだから……。


 なんか全然わかんない。何をしたいとか何が楽しいとか何をするべきとか。

 良い方向にも悪い方向にも、強い感情を抱ける気がしない。夜な夜な泣いているときの方が楽しかった、そうは思わないか?


 結局、他人を殺す気で抵抗しないと舐められて搾取されるだけなんだろうな、みたいなことを思ってしまった。世の中には悪い人がいるとかそういうことじゃなくて、良さそうに見える人相手でも根本的にはそうやってしのぎを削らなければならないという感じの。うーん、あまり良くない方向に考えが向かっているな。早く寝よう。

20210505

 なんだか眠くて午前中はずっと寝ていた。

 実は昨日から喉が痛くて体調が怪しい。金曜日に危ない会食があって、流行病の潜伏期間は確か平均4日とかだった気がするのでこのタイミングはわりとそれらしいものではある。しかし熱は無いので、微妙なところではあるかな。

 明日から労働なのでその精神的緊張によるものかもしれない。自律神経が失調するとたいていなんでも起こるので、喉の痛みが起こることだってあるらしい。

アニメ

 ゴジラS.P 3話。怪獣が反応するものが人だったり電波だったり音波だったりよくわからないな。脱出策の出方も微妙だし、何に注目すれば良いのかがイマイチ掴みきれない。

その他

 明日からゆっくりやっていこう。

20210504

 計算機が頑張って発熱しているところを眺める日(その2)。

 全対局終わって結果が出たが、全然何も感じない。嬉しいとも悔しいとも思わない。

 あまりにも何も感じないことについてわりと危機感があり、正直コンピュータ将棋も離れ時なのかもしれないと思う。今回が5回目の参加で、年を追うごとに感動が薄れている。勝負にこだわれないやつがこんなことやっている意味があるのか。

読書

師弟 (棋士たち 魂の伝承)

師弟 (棋士たち 魂の伝承)

  • 作者:野澤亘伸
  • 発売日: 2021/02/09
  • メディア: 文庫

 自分に足りない勝負師魂を求めて。でもやっぱり、一番魅力を感じてしまうのは勝負師らしくないところも多々ある森信雄-糸谷哲郎の章だったりしたので問題の根は深い。

 将棋は、競技寿命が長いのが良い点だなと思った。プロ野球では20年もやる人は稀で、どんどん人が入れ替わっていってしまうものだから。一つのもの、一人の人を長く注視できるというのは、まぁなんというか、単なる即物的な娯楽以上のものを感じる面もある。

その他

 どうすんの。どうなんの。全然わからん。