日記

日記です

20191112

 出勤日。あれだけ「電車通勤は嫌だ!」と思っていたが、できてしまうものだ。まぁ週2回だしやや遅い時刻なのでラッシュは回避できているというのが大きいのだとは感じているが。この通勤時間をなくすために月何万円払うことを許容できるだろうか。というか勤務地のあのあたりってアホみたいに高そうな物件しかような偏見があるんだけど。

 夕方頃、「ここ数年で嬉しかったときは?」という質問をされて、いやないなぁ……まじでない……という感じの返答になってしまった。競技プログラミングとかでなんかあるんじゃないのと振られてようやくICPC予選突破が口から出たけど、起伏のない生活を送っているんだなぁと改めて思わされた次第。ことが運ぶといよいよ本当に真っ平らな人生になるのかもしれない。それに対する反発心もないことはないんだけど、実行することもないだろうな。平凡を愛するということもなく、反発することもなく、やや不満足感はありつつも仕方ないと納得しながら生きていきそう。


 アルバイトしているので仕送り止めても良いという話を親にしたのだが、まぁ止まらない。切り出すこっち側も多分断られるんだろうなと思いながら話すので、少し居心地の悪い予定調和感がある。目をむくような金額でもないが、結構貰っているんだろうなぁということはここ数年でちょっとずつ理解してきているところでもあり、負い目があったりなかったりする。


 近くのファミリーマートにセルフレジが導入されていた。心の準備ができていなかったので今日は利用しなかったのだが、セルフレジ増えてほしいし、使われた量の統計とかは絶対見ているはずだから積極的に使っていくべきなんだろうな。しかしセルフレジは有人レジの目の前に置かれているので、そっちが空いているのにセルフレジ使うとなると人を拒絶してる感が強そう。店員だって仕事が来ないなら良いだろうとは思うんだけど、気にしいなのでなかなか割り切れない。全て無人になってくれれば話は簡単なのになぁ。


 明日のミーティング準備がさっぱりできていない。ここまで準備できていないのは初めて。帰ってきてからちょっと手を付けようかと思っていたが帰宅も21時近くて体力も残っていない。明日の午前中だけで資料をでっち上げなければならないが、どの程度のものができるんだろうか。研究室に対する忠誠心? 真面目さ? みたいなものがどんどん下がっているのを感じる。良くないなぁ。

20191111

 9時前に研究室へ行って今日は気合いを入れて作業。というか今週は結構いろいろ締め切りとかが発生しているので精神的な調子に関わらずやっていく必要がある。


 研究室説明会など。やはり僕は喋るのが下手。難しいね。今年は希望者が枠を超えても僕が面接するわけではないから気が楽だ。逆に面接で選抜しなければならなかった、誰かを落とさなければならなかった去年は結構嫌だった。特に落ちた人のTwitterアカウントがわかっていたのでなおさら……。来年入ってくるB4とは一年しか一緒にならないわけだし、B4とM2ではそこまで関わりも出ないからわりとどうでもいいなと思いながら眺めている。いくらかゲーム系AIに興味がありそうな人はいたが、2年前の僕より強そうな人はいなかったな。こういう態度に自然となるから邪悪。


 ちょっと身体を動かしただけでふらつく感じがある。どうなってんだこの身体。早く寝よう……といいつつもう23時を過ぎているが。

20191110

 研究室が使えないそうだったので引きこもっていた。精神の不調は続く。コンテスト振り返り記事も書けなかった。いろいろダメ。厳しい。

小説

 全体的な出来がものすごく良いとは思えないけど、ちゃんとテーマが一貫していてそれは良かったな。

さよならの言い方なんて知らない。 (新潮文庫nex)

さよならの言い方なんて知らない。 (新潮文庫nex)

さよならの言い方なんて知らない。2 (新潮文庫nex)

さよならの言い方なんて知らない。2 (新潮文庫nex)

 うーん、なんか微妙と言えば微妙。行動原理の話っていくらか踏み外すと政治的なそれになるとは思っていて、だからある程度の制約を入れないといけないんだよな。それはこういう外部的な(ゲーム的な)ものというよりはキャラクターのキャラクター化という話題だと思っている。

 そしてこれはそうか、新作というか読んでなかった(買ってなかった)やつの改稿版みたいな感じなのか。共著という話だった気がするが単著になっているのかな。

漫画

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 緑 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 緑 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 青 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 青 (IKKI COMIX)

 ニッケルオデオン、まじで癒やされる。荒廃した精神に対するなんらかの慰めになる。好き。コトトイさんとキヨスバシというネーミングセンスな。ほうき星のナルナみたいな話を入れてくるのずるい。

 いろいろ苦しくて救いを求めている。その一環。しかしそういう気持ちで作品に当たるのはなにか不誠実なんじゃないかという気もする。2巻が好き。

その他

 どうすれば良いかわからんですね。難しい。厳しい。

20191109

 いつもより2時間くらい遅くに研究室に着いた。休日だと思って気が抜けて朝が遅くなるのいい加減やめろ。

 日中もなんかあまり身が入らなかった。何をやったんだっけ。実験を回し始めたり論文を少し読んだり、それくらいか。後は精度勝負の問題だとは思うが、どこまで精度が悪化したらどうなるかというのはまだわからないところでもある。


 精神は落ち込んだまま。もっと自尊心を失わないといけないなぁと思った。自分の言動を振り返るとやっぱり尊大なところが目につく。僕は自己評価がそこまで高い方ではないとは思うんだけど、きちんと自分を"客観的"に評価しようと思うと自己評価は低いはずだからその分を上乗せしようとして逆に適正ラインを飛び越えてしまうという感じなのではないか。いや自己評価が普通に高いだけかもしれない。なんにせよもっと諦めを。

20191108

小説

 上質なツイストで演出しきる良作ミステリだった。

その他

 今日は完全に精神的に不調でダメだった。日によって自由意志感、当事者意識、主体的感覚、言い方はなんでもいいんだけどそういうものの感じ方が違って、今日は自分が坂を転がる石ころと区別がつかない感覚だった。先に幸福が多ければ嬉しいが、不幸が多くても違う方向に行くなんてことはできない。


 自分の書いた論文は十年後にはもう意味のない、顧みられることのない内容だと思った。そんな研究をしてなにになるのか。最新手法をちょろっといじって少しの性能が上がっただのどうだのって、業績稼ぎでしかないんじゃないか。卒業・修了するためだけに研究をしている。


 なにもかも意味がないという気分になった。だからどうということもなくてただ徹底的に意味がないだけなんだけど。単に苦しいというだけかもしれない。

20191107

 出勤日。期待していた実験は、しかし思ったような結果が出なかった。うーん、そうかぁ。それは苦しいですね。うーん、苦しい。成果が出せていない苦しさ。数日前は完全に調子に乗ってましたね。何がFA権取得だお前に与えられるのは戦力外通告だ。

 職業や生き方について考えていると、やはりプロ野球から受けた影響は大きいんだなと感じる。小学校に入る前からもう観始めていたくらいで、多分僕が最も意識したことの多い社会人(自分でお金を稼ぐ人)はプロ野球選手なのだと思う。次点で将棋棋士

 成果によって評価され、良ければ年俸が上がるしダメなら戦力外。できるだけそういうのに近い生活をしたいという気持ちがいくらかある。昔はサラリーマンというのもみんなそういう感じで年俸が決まっているのだと思っていた。終身雇用にあまりリアリティを感じたことがないのは世代性も相まってのことかもしれないが。

 そうなるとフリーランス的な……しかしあれはまた契約を勝ち取る段階が難しそうに思える。Twitterやれない人間がフリーランスは無理じゃない? みたいな気持ち。

 成果が大事という意味では博士課程がそんな感じなんじゃないのという雑な認識もある。しかしお金を払って進学というのもまた違う気はするんだよな。いろんな申請をすれば博士課程に行きながらお金を貰える可能性だってあるのかもしれないが、そうじゃなくてお金は普通にもらってそれに相応しい仕事をするというのが自分の理想に思える。博士課程というのはもう少し学問的な探究心の強い人が行くものなのではないか。

 結局そんな不安定な環境に身を置く積極性はないんだよな。ちょっと憧れがあるだけで。もちろん自分の意思に関係なく不安定な状況しかないということはありえるのだけど。

 一軍最低年俸は1,430万円なんですよ、とか、プロ野球的にはもう活躍していないと首が寒い年齢だなぁ、とか、いろいろなことを考える。抽象的な目標だけどもっと強くなりたいなぁという気持ちがあり、しかし強さとはなんなのかよくわからない。とりあえず目の前のことをやっていかねば。

20191106

 いつも通り水曜日なので研究室へ。しかし今日は集中力が低くて全然ダメだった。課題が一つ出ていてそれの期限が近づいているというのもひょっとしたら影響しているのかもしれない。

 実験結果はよくわからない。謎の不安定さがあって怖いな。自分のやる実験がさっぱり信用できないのもあって、とにかく強いものができればいいというわかりやすい分野以外では何もできない気がする。主観評価実験とか、あれはひどいものだなぁと思ってしまうのだが。

ゲーム

 DEATH STRANDINGがやや気になっていないことはない。しかし今ゲームをやるような元気があるかというとそんなにない気もする。あんまりこういうリアルなグラフィックのゲームが得意かと言えばそうでもないだろうし。しかしやるなら発売日に即買ってやるべきだとは思うので11/8までに決めなければ。今の気持ちではやらない寄り。

 ポケットモンスター剣盾も近くなのか。僕はそもそもSwitchを持っていないのでこっちをやることはないとは思うが。そもそもポケモンはUSUMからもうさっぱりやってないんだな。SM環境で対人復帰することがなかったのでそこで縁が切れたという感覚がある。

 ゲームをやる元気が本当にない。特にRPGやアドベンチャーとか、物語を楽しもうとするなら小説を読む方が良いなという気持ちになってしまう。格率を利用したトリックみたいなのは、多分ゲームではやりにくいジャンルなのだと思う。結局アクションとかで自分の腕前が上がることに楽しみを見出す方がゲームとしてやるなら良いのかなと考えているところ。

その他

 日頃からふと思いついたことを「いずれ膨らませて日記に書くかな」と思ってメモしているんだけど、結局実行することは殆ど無い。削除するくらいなら放出してしまった方が良さそうということで

  • セカイ系とはなにか? 「狭い部屋でのプラネタリウム
  • やがて君になる最終巻まだー?
  • 天気の子、結論は好きだが過程が好きじゃない
  • 卒業生が日常に溶け込んでそこでささやかに教養を活かす姿に教育の重要性を感じる
  • Fear, and Loathing in Las Vegas、歌詞が明るい(前向きだ)な
  • 世界の命運がかかったラブコメは好きなくせに世界の命運がかかった恋愛ものは受け入れられないのなに

 こういうのTwitterやってたらそこに投げているんだろうなとは思う。