日記

日記です

20210114

 1時間弱くらい細かく作業をした。


 文体をシャープにしたい。この日記は「〜と思う」とか「〜な気がする」という記述が多いが、それは昔のフォロイーの影響を受けている。特段、その人の小説とか呟きが好きというわけではなかったけど、なにか性格傾向とか置かれている環境が似ている気がしていたのだった。今は鍵アカウントになっているので見られないが、ああいう雰囲気が僕の将来像の一つではあったのだと思う。

 文体の裏には書き手の人格がある。僕は「こういう人格が書くようなものとして相応しい文章」という形で文体を考えることが多い。自分の中でのその書き手像を、少しずらしていきたくなってきている。

 今までも、日記を予約投稿する前に推敲を重ねるほど余計な言葉は取れていった。以前の日記を見返していてもそういう文章の方がしっくりくる。僕は僕なりの文体をまた構築していきたい。

プロジェクトセカイ

 今回のイベント曲は早々にYouTubeで公開されている。

 初音ミク版と普通に歌っている方をほぼ同時に出すとは度胸があるなという印象を受ける。そんなことをすればどうやったって比較されてしまうだろうに。それでも構わない、というのはかなり割り切った姿勢に思えるし、どちらもそれぞれの良さがあるという確信の現れを読み取るべきなのだろうか。

 そして現状だと初音ミク版の方がはっきりと再生数が多くなっていて、ちょっと意外だ。確かに自分もそっちの方が好きだけど、それが多数派だとは思っていなかった。プロジェクトセカイという新しいIPによる求心力ももちろんあるんだろうけど、やはり作曲者のファンだとか、VOCALOIDファンというのが大きな層となっているのかな。

読書

 将棋以外のソフト開発もやってみたい気はないわけではないんだけど、やっぱり人狼はなかなかに苦労が多そうなゲームではある。僕自身のプレイ経験もないのもあるから、やっぱりメインにはしづらいか。

 しかし実際のところ人狼がテキストベースで良いから上手くプレイできる人工知能が開発できると、それはそうとう魅力てきなものだろうと思える。


 今日の日付中に読み終わらない可能性が高いが、城平京の作品を読み直している。やはり好きだな。この文体、全体的な雰囲気にどれだけ僕が救われることか。