1021

将棋ソフト開発

 散々苦労した挙句、ようやく大学の計算用サーバ(Xeon)上で学習を回せるようになった。しかしXeon思ったより速くないな……。32コアあるはずなのに家のデスクトップとほぼ同じっていうのはなんなんだろう。他の人もジョブを回しているからかな。

 評価関数のバグを直して0から学習させたものが意外といい感じになっているかもしれない。もうちょっと学習続けてみよう。

スマホゲーム

 デレステのイベント曲にちょっとだけ手を付けた。あまり余裕がないので協力ライブも全然やれてないのだけど、話を聞くところによると交換可能アイドルが先月より増えているらしい。全員取るのは無理かな。

 ミリシタはかなり放置気味。今回のイベントに北沢志保さんが出ていてちょっと気になっているんだけど、報酬ではないみたいなのでコミュを開放するくらいでいいかなぁ。まぁデレステの方が優先度高い。

体力

 もっとバリバリやっていかねば。明日はCSA形式棋譜のパーサを変更してちゃんとWinnerを取得するようにしよう。それで予測勝率と実際の勝敗の負の対数尤度を学習式に組み込んで、あとはelmo絞りも書いてみて、それには局面を書きだすのが必要か。

 将棋GUIとかで連続対戦させて棋譜吐き出させるのもいいんだけど、Xeonを使おうと思うと海底のプログラムに棋譜(あるいはsfen?)を書きだす機能が結局欲しいかなぁ。もうちょっと棋譜単位ではなく局面単位でやるメリットがいまいちよくわかっていない。do_moveの回数がいたずらに増えると僕のプログラムでは結構遅くなってしまいそう。ちょっと悩む。

広告を非表示にする