日記

日記です

0812

将棋

 12.6%からスタート。

 1局目は先手番。相手が三間飛車から、飛車先を3三飛で受ける?というよくわからないことをしてきたので飛車角交換に飛びついてしまったが、むしろ相手の桂角が躍動して難しい将棋になってしまった。そしてなぜか5五角が大丈夫だと思って取った4五銀が大悪手で、もうその先はどうしようもない感じに。 11.7%

 2局目は先手番。相手は中飛車にしてきたので、千田六段みたいな指し回しを意識して銀をどんどん繰り出していこうと思った。飛車先交換に対して5五歩と打つやつは趣味なんですが、なかなかうまくいくこともないですね。2七歩と謝ることになって、相手の飛車も狭いんで完全に悪いというわけでもないだろうけど指しやすくはなかった。相手が対応を間違えて、角得になった局面ではよくなったと思ったが、具体的な指し手は難しくて玉頭を攻めることに。歩の裏に飛車打たれてもわからなかったが、そっぽに打ってくれたので楽になった。最後は狙い筋を結構して、7手詰めを読み切って勝ち。楽しい将棋だった。 12.2%

 3局目は後手番。角換わりになって相手は棒銀できたので銀引いて受けるやつ(これしか受け方しらない)で対応。受けるというか銀を遊ばせているうちに攻めてしまうという感覚で。銀立て直してくるのに対して桂馬跳ねるのはやっぱり変か。8八歩も余計だったかなぁ。取ってくれたので利かしだったけど、無視されたり桂馬かわされたりしたらわからなかった。5七に桂馬が成りこめた後はまぁ手順にやっていって勝ちに。また7手詰めを読み切れたみたいだ。 13.0%

将棋ソフト

競技プログラミング

 ABC070に出た。なんとか全完できてよかったけど、最小公倍数を求めるのに最大公約数との関係がわかっていなかったり、ダイクストラ法を書くのにめっちゃ手間取ったりしたので反省点は多い。まぁそうはいっても今の自分の実力ではこれくらいなもんかなという気もするが。頑張って修行だ。

読書

 Spediaという公式ファンブックが出たとかでポケスペ界隈が盛り上がっていたので、懐かしさを覚えつつとりあえず1巻から7巻まで(1,2章)を読んだ。やっぱりいいなぁ、面白いなぁ。

広告を非表示にする