日記

日記です

20190320

卒業していくM2の先輩がふらっと現れた。僕はいま口を開けば就職活動に対する不安しか出てこない最低最悪人間になっているので当然就職活動が話題になる。圧倒的な断絶を感じた。根本的に意思決定を行う、電車に乗る、人に会う、そういうことが苦痛ではない…

20190319

シューショク界隈の俎上に載せられてしまうのは真っ平ごめんなわけだけど、それはそれとして自分のやりたいことはちゃんと考えておかなければならないんだろう。正直言うと就職に付随している意思決定とかエントリーとか面接とか電車に乗るとかが苦手なだけ…

20190318

新B4に対するプログラミング課題は準備が悪くて混乱が大きかった。CUDA10.1が出ていたことは知っていた気もするけど問題になると思っていなかった。というかTensorflowがバージョンに対してうるさすぎる気もするし、誰も拘りがないならPyTorchをもっと推した…

20190317

今日は11時ごろに研究室へ。学習はちゃんと回っていたので一安心。結果もそれなりか。 まずは昨日のAGCの反省をする。今日はこれさえできれば良いという目標で来たので14時半ごろに終わって気分が楽になった。 気が抜けてしまったので明日新B4に出す課題の確…

20190316

結局研究室には行かず家に一日引きこもっていた。一応sshで入って学習まわすのだけはやったけど、nohupの使い方よく知らないしこれで上手くいっているのかわからない。あまり焦ることもないかなとは思うんだけど、成果が出るなら早いに越したことはない。 ゲ…

20190315

輪講。与えた課題がひどかった。あまり予定を練れてなくて申し訳ないな。 実装もいくらか進めてみたけどあんまり上手くいかず。TD()系の理解が本当に合っているのか不安になってくる。 今日も今日とて元気がない。しかし幸福にもなり得る人間が不幸なら悲し…

20190314

輪講。強化学習の回だったのでたくさん話しました。しかし実はベルマン方程式の導出とかやったことないんですよね。物事をふわっと理解することしかできない。数式の操作なんて何か月やってないんだろう。 実装。別にミスではないけどライブラリについていろ…

20190313

輪講、何日目だか忘れた。相変わらず僕と先輩一名が話すだけの会になっている。ボルツマンマシンについてやって、やっと生成モデル的なものの感触がわかってきた。これは結構面白い考え方だなぁと思うし、見通しが良さそうな気がするんだけど実際に計算をや…

20190312

わりと悲しくなっているのはこの3月で確実に同期の人たちと仲良くなれなさそうだなというのが決定的になってきた感じがあるからなのかもしれないなぁと思っている。相手が悪いわけではなくて僕の方の性格が歪んでしまっているという話なのだけど。浪人~大学3…

20190311

たとえばある日精神科に行って、tokumini(本名としての自分)と「わたし」が一致しないんですということを相談したとする。すると医者は「そういう人はそれなりによくいるんですよ。その症状には特効薬があって、この薬を飲めば一致します」と言い始める。渡…

20190310

心身二元論が心と身の境界をどこに引いたのかは知らないが、この境界は拡大していっているのではないかと思う。身体の方から見て。 身体の勢力が拡大し続けた先に唯物論としての統一を果たすというのは幻想にすぎないのだろうか。たとえば感情のごく低レイヤ…

20190309

研究室に行ったけどなんかキーボードの掃除とかして時間を費やすだけだった。明後日のスライド作らなきゃいけないのに。何もかもダメ。 実装もわからない。どこがダメなのか。ひどい。 帰りにコンビニで夕食買おうとしているとき寿司が目に留まって何もかも…

20190308

輪講四日目。部屋が取れなかったので研究室でやったけど、研究室でやるとどうしても少しダレた雰囲気になってしまう気がする。気のせいか? その後はAWSに登録して無料枠でちょっと遊んでみた。nginxを初めて入れてみてなるほどなーって感じ。とりあえず本当…

20190307

輪講3日目。慣れてきたのか新B4の作る資料が手抜きになっているようにも思える。そして僕は相変わらず教えるのではなく自分の知りたいことを質問するだけ。なんだこの会は。うーん、正常ではない。 午後は研究室のパソコンをいじり倒して計算用パソコンを3台…

20190306

輪講二日目。補足というか自分の気になっているところをM2の先輩に聞いただけ。黒板に謎の図を書きたくなりがち。他人にわかりやすく説明することへのモチベーションはまだ得られていません。 研究室に2080ti2枚刺しのマシンが届いてセットアップするなど。…

20190305

なんとか大学院への入学書類は提出したけど、あまり確認していないし不備があるかもしれない。 輪講一日目。最初なので特に言及するべきこともなく。新M1,M2側の参加人数が少なくて緩さがバレ始める。 その後は論文書き。英語でウェブページを巡って必要な情…

20190304

新B4に向けたプログラミング課題1回目。人々がどの程度知識を持っているのかよくわからなくて準備も不足していて申し訳なさ。わりと自分が便利だと思うもの押し付け人間になりがち。 その後は論文をちゃんと書き始める。フォーマットを変えるだけでわりと大…

20190303

今日は計17時間くらい眠っていた。うーん。こういう日もあるんですね。 競プロは一応やった。本当に一応という感じだ。 漫画 ひとりぼっちの地球侵略 (15) (ゲッサン少年サンデーコミックス)作者: 小川麻衣子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/11/12メデ…

20190302

beamerを少しいじってみたが、今研究室で使われているパワーポイントのテンプレートに似せるのはなかなか困難そう。身内でのミーティングにのみ使う感じかなぁ。 その後は明後日新B4に出す課題の解答を書く。二日前に書くギリギリ感。しかもC++の解答なんて…

20190301

研修一日目。準備が悪くてスムーズに進められない。そしていろいろな不備に気づく。月曜日までにやるべきことがいくらか出てきて、明日からもまた大変そうだ。 作品の話 僕はミステリ読みではないんだけど、一方でどんでん返しを好む性質があるところは認め…

20190228

本日の日記は全編愚痴でお送りいたします。 追い出しコンパがあった。まずこの「追い出しコンパ」という名前からして一切品格というものが存在しないと感じる。人々が自ら面白くない方向へと踏み出していく愚かなる行為の集合体。 さらに今日嫌だったのは隣…

20190227

今日は研究室の大掃除。席が変わって完全なる孤立状態から普通くらいの孤立状態になった。相変わらず両サイドは共有パソコンという名の計算資源にできたのでできるだけ独占していくつもりだが。 研修の準備を全然していないのかなりまずい気がしている。やら…

20190226

午前中は大学院に入学する手続きとして写真を撮ったり振込を済ませたり。銀行行って暗証番号ポチポチしただけで100万以上の金が口座から消えたのだなぁと思うと少し不思議な気持ちにならないでもない。 研究室へ行ってPERの結果を見ると完全にダメになってい…

20190225

PERのバグを取り切って動かし始めた。パッと見は悪くなさそうな挙動だが。 研究室でも学習待ちという名目で本読んでる時間が長くなっている。ちょっとは論文を読んだらどうなんだい。 帰ってからはKH3。裏ボスも倒してあとやるならトロフィーコンプリート。8…

29180224

今日は研究室に行かなかった。一週間に一回は行かない日ができてしまっているなぁ。良いことなのか悪いことなのかはわからないが。 午前中はずっと寝ていて午後は久しぶりにKH3をやる。レベルカンストまでは上げて宝箱等も回収し終えて、さてどうするか。ゆ…

20190223

11時頃に研究室へ行ったが本当にやる気が出なくてどうしようもなかった。 帰る直前で少しだけやる気出てセグメント木を完成させた。これでどうかな~。 本 海と毒薬 (角川文庫)作者: 遠藤周作,駒井哲郎出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2004/06/25メディア:…

20190222

電子書籍リーダーアプリの整理をしていた。別にこうしてみると紀伊国屋のが使いやすいということもないな……。 iPadの容量が足りなくなっているのも関係しているのか、かなり頻繁に落ちるようになっている。流石に新しいもの買わなきゃダメかなぁと思うんだけ…

20190221

期待していたGPU2枚挿しマシンはCPUが古くてPEXTが動かせないという事実の判明により(僕にとっては)鉄塊になった。 仕方がないので1GPUで学習と自己対局を交互に行うというやり方にしているんだけど、明らかに自己対局の時間を長くした方が良い学習になる結…

20190220

漫画 ひとりぼっちの地球侵略 (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)作者: 小川麻衣子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/03/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (8件) を見る 緩急でいうと少し"緩"に相当する部分だろうか。それでも話は結構動いて…

20190219

今日は読書を我慢して探索部をごちゃごちゃやってみたけど、これが改善になっているのかよくわからない。前に進むような実装をせねば。 帰り道。雨。お弁当屋で夕食を買ってから出てきたら、傘立ての近くに置いておいた自分の折り畳み傘がなくなっていた。近…